SNSフォローボタン

物件撮影事例・台東区/新築マンション部屋タイプ別撮影

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
 

●不動産撮影メモ
浅草橋の新築マンション、3部屋(共用部込)。納品枚数:338枚。撮影料金 47,500円

新築物件の全3タイプのお部屋を一括撮影しました。

● ● ● ● ●

まずは外観〜共用部から。

● ● ● ● ●

3タイプのお部屋を順番に撮影。最初はモデルルーム仕様のお部屋へ。

いろいろ設えているので撮影枚数も自然と増えてしまいます。

色味についても良好になるよう、十分な補正を入れています。

● ● ● ● ●

続いて、施工済のお部屋を2タイプ撮影です。

● ● ● ● ●

最後に、3タイプの中で一番広い2LDKタイプです。

仕切りで部屋の境を開閉できるようになっているので、、

開けたり、閉めたり、して撮ります。

クローゼットの中も撮っておきます。

なお、ベランダの撮影については、、、

このように撮ると、各階共通的に使えますので基本です。片や、

 このように撮ると「特定の階からの眺め」になります。

後者は特定の階しか使えないので、あくまで参考写真扱いですね。

● ● ● ● ●

★メモポイント:
このように、新築マンションで、タイプ毎に1部屋ずつ撮影するのは、後々の活用を考えた時にコストパフォーマンスの良いやり方です。

この時の撮影では、20平米台(@7,500円)を2部屋、40平米台(@12,500円)を1部屋。338枚を納品して、料金は、20,000円(基本料)+15,000円+12,500円=47,500円です。
※2017年2月時点。撮影料金は、将来的に改訂される可能性があります。

なお、撮影する部屋の階数については、それほど神経質になる必要はありません。写真でも示したように、一般の物件に比べれば部屋の間取り紹介が主であり、眺望については参考だからです。

採光性については、強いて言えば高い階の方が有利ですが、低い階でも特に問題はありません。それより内部の施工状態や、モデルルームの部屋を優先した方が宜しいです。


 
▼ ▼ ▼

お客様を引き寄せる写真を撮影します。
お問い合わせ